This store requires javascript to be enabled for some features to work correctly.

メールマガジン新規登録で10%オフ

FLORA DANICA 創業ストーリー

フローラダニカ ー自然が創るデザインー

フローラダニカは1952年にデンマークで誕生したジュエリーブランドです。

1930年代に人気を博したアーティストであり創業者のオーラ・エガート氏は「植物や花々から唯一無二のジュエリーを作りたい」という想いからフローラダニカは生まれました。

フローラダニカは世界で初めて、そして世界で唯一、生花に金のコーティングを施し、植物の永久保存を実現しました。フローラダニカが最初に発表したジュエリーは、花や植物の葉に直接銅をあしらい、その上から22K 金でカバーリング加工をした商品でした。その後ほどなくして銅の代わりにシルバ−925を使うようになり、現在もフローラダニカのジュエリーは全てシルバ−925で作られています。

しかし、植物を使ったジュエリーには課題もありました。それは本物の植物が材料ゆえ、安定的にジュエリーを作ることが困難だったということです。特に、四つ葉のクローバーは非常に希少なため、生産が全く追いついていませんでした。 そこで当時のフローラダニカの経営陣はあるアイデアを思いつきました。「そうだ、市民に呼びかけて、四つ葉のクローバーを持ってきてもらおう」 デンマークの新聞に毎週広告を出し、四つ葉のクローバー1つにつき、1デンマーククローネと交換することを約束しました。 この広告は大成功し、四つ葉のクローバーを持った市民が日曜日になるとフローラダニカの店に行列をつくったのです。

フローラダニカはデンマーク宮廷と深い関わりがあります。1992年には当時の女王陛下、マルグレーテ2世の結婚25周年記念式典にブローチを提供しました。そのブローチは、女王陛下自らがデザインし、デンマークの自然と農業の伝統を象徴したものでした。ブナの葉に小麦の粒を乗せたデザインのブローチは出席した全てのゲストに贈られました。 また、マリー王女殿下にはフローラダニカのオリジナルティアラを提供しました。王子と王女の愛の物語をエレガントかつシンプルに表現したデザインは「フレンチリリー」コレクションとして親しまれています。

長い歴史と伝統を持つフローラダニカは2021年に新しい幕を開きました。デンマーク人夫婦のカリーナ&マーティン・グリスビー・ケルンが新しいオーナーとなり、翌年2022年にはクリエイティブディレクターとしてフラワーアーティストのニコライ・バーグマンをブランドに迎えました。自然が創るデザインに共感しその情熱を共有する彼らは、フローラダニカの70周年を記念し、創業当時から続く最も象徴的な3つのコレクションをよりエレガントで現代的なデザインで再定義するという野望を持っています。