フローラダニカ - 自然が創るデザイン

フローラダニカにまつわるおとぎ話は1952年に遡り、1930年代に人気を博したバラエティアーティスト、オーラ・エガートが、自然本来のユニークなデザインをもとにしたジュエリーを作るというアイデアを生み出したことがきっかけでした。

フローラダニカは世界で初めて、そして当時唯一、花に金のコーティングを施して永久保存していた企業でした。フローラダニカの幕開けを飾ったジュエリーは、銅で花や葉をかたどり、それを熟練のプロの手によって22Kゴールドでメッキを施されたものでした。その後、使用されていた銅は比較的早い段階でスターリングシルバーに置き換えられ、現在もフローラダニカのジュエリーはすべてこのシルバーで作られています。

企業として成長し、増産に応じていく過程でジュエリーに使う花や葉をすべて入手することが一時期の悩みであり、特に四つ葉のクローバーは、お客様の需要分用意することが困難でした。そこで、地元の新聞に「毎週日曜日、四つ葉のクローバーを渡しに来てください」という広告を定期的に出し、四つ葉のクローバー1個につき1デンマーク・クローネが報酬として支払われました。四つ葉のクローバーのジュエリーを皆様に届けるために、日曜日にはフローラダニカの前に長い行列ができることも多々ありました。

フローラダニカの輝かしい歴史は、いくつかの華々しい出来事によって形成されてきました。1992年、フローラダニカはデンマーク宮廷から、マルグレーテ2世女王陛下が自らデザインした特別な記念ブローチの製作を依頼されました。ブローチは、デンマークの自然と農業の伝統を象徴するブナの葉の上に小麦の粒を乗せたもので、マルグレーテ2世女王陛下の25周年結婚記念式典に出席したすべてのゲストに、女王陛下から個人的に贈られました。

フローラダニカは、マリー王女殿下のティアラもデザイン・制作しました。このティアラは、フローラダニカの「フレンチリリー」コレクションを基に、王子と王女の愛の物語をエレガントでシンプルなデザイン言語で表現しています。

ニコライ・バーグマンとデンマーク人のカリーナ&マーティン・グリスビー・ケルン夫妻は、デンマークの伝統的なジュエリーブランド「フローラダニカ」の新しいオーナーとなりました。自然が生み出したデザインへの情熱を共有する彼らは、フローラダニカの70周年を記念して、1950年代から続く最も象徴的で成功したフローラダニカの3つのシリーズを、よりエレガントで現代的なデザインで再登場させるという野望を持っています。

フローラダニカ、人生に花を咲かせる。